Category Archive:中古バイクを買うにあたって

中古バイクの購入方法は地元で展示販売をしている店で購入する他、インターネットで探す方法があります。

現在は全国規模でバイクの検索が可能な店が増えており、インターネット上でも展示販売をしている店が自社の販売バイクを紹介しています。

全国規模のチェーン店などでは欲しい中古バイクが県外にあった場合も取り寄せをしてもらう事が出来ますので欲しいバイクは以前と比較して非常に探しやすくなりました。

価格面についても中古バイクの価格は状態によって異なってはきますが、最大価格でもどの程度といった相場が形成され、中古バイクの価格はわかりやすいものとなりました。

需要と供給の関係で中古バイクの価格は決まりますので、時期によって価格は異なりますが検索網が発展した音で希少車や絶版車なども探しやすくなりました。

他の購入方法としては個人間のオークションなどがありますが、こちらは整備の質がオーナーの腕によって異なりますし、パーツの状態なども不安定になりやすいです。

オークションなどで良い評価が数多い場合は店がオークションを行っている場合もありますので、そういった場合は安心感を持つ事が出来ます。

ただ個人間売買の場合、品質の保証がありませんので安価な変わりにその辺りの保証がなくなります。

自分の目に自信があり、整備も行える上級者向けの購入方法と言えるでしょう。

人気バイクとしてはスクータータイプのバイクが日常の足としても人気が高く、車種も多くなっていますので一度チェックしてみるのも良いかもしれませんね。

中古バイクは手ごろな価格でバイクを購入できるといっても、中古ですから、消耗品などの状態が悪いものもあります。

値引き交渉には応じないお店でも、こうした消耗品の交換などは、交渉次第では応じてくれることもあります。

何も高級なものでなくてもいいので、タイヤやブレーキパッドのような消耗品の交換をしてもらえるかどうか、お願いしてみましょう。

中古バイクに新品同様のコンディションを求めるのはお門違いで、多少のキズや走行距離から予想できる消耗品の磨耗具合というのは、ある程度は了解の上です。

しかしちょっとでも良いものに交換してもらえるのならば、話してみる価値はあります。

はっきりとわからないながらも、長年のメンテナンス不足や保管状況の悪さから来るサビやダメージは、中古バイクを購入する時点では問題にならなくても、バイクに乗っているうちにあちこちに不具合として出てくることも十分考えられます。

中古バイクの専門店を選ぶ時には、アフターサービスの有無は重要な選択肢になります。

中古車保証、修理保証といった保証をつけることができるならば、つけておく方がいいでしょう。

安全性をアップさせるためにも、修理代で思わぬ出費に悩みたくない人も、保証付きのプランはお得でおすすめです。

ABS搭載のバイクの場合には、任意保険にABS割引があってお得です。

安全性の高さとランニングコストが抑えられるため人気があります。

ABS搭載バイクを選ぶというのもひとつの方法でしょう。

※悩んで購入したバイクを守る為に…>【URL:http://clicccar.com/2015/12/26/344846/

中古バイクを購入する際に必要なのは、なんといっても購入資金です。

車体料金以外にも諸費用がかかるため、総額でいくらが上限という明確な予算の設定が必須です。

車体価格に自賠責保険、納車整備代、車検代行の費用などを合わせた総額を乗り出し価格と言っています。

中古バイクを購入するのにかかる総額のことです。

中古バイクは現金での支払いなのか、ローンで月額払いにするのかなど、資金計画を立てておきます。

良い車両を見つけたら、とりあえずの頭金を支払うことも考え、ある程度の現金を準備しておくと安心です。

月額支払いにする場合には、引き落としをする口座の通帳と銀行印なども準備しておきましょう。

125cc以上の中古バイクでは、車検場管轄になりますから、車検証やナンバーの取得の目的で住民票が必要になります。

それ以下の車両では役所管轄です。

お店がナンバー取得の代行をしてくれるので、必要なものを確認しておきましょう。

印鑑は必ず持参します。

ほかに保険の手続きがあります。

自賠責や任意保険です。

■Check!→報道発表資料:無保険(無共済)での運行は犯罪です! – 国土交通省

下取りするバイクがあって新たに中古バイクを購入するケースで、保険の残りがあるケースでは、載せ替えの手続きになります。

保険証書を持って行くことをおすすめします。

中古バイクを購入してから納車されて乗れるようになるまでには、10日程度の時間がかかります。

今日中にも乗って帰りたいという気持ちを抑え、車検や登録の済んだ安全な車両が納車されるまで待ちましょう。