Category Archive:バイク買取の裏側

有名なメーカーで生産されているバイクは専門の販売店が下取りや買取りも行っている場合が多いですが、現在バイクは一括査定での複数社比較を行い、買取りをしてもらう流れが一般的になっています。

ネット社会になり情報が蔓延しやすくなった為、買い叩きなどの行動が行いにくくなり、比較される事で適正な価格がわかりやすくなった影響もあります。

実際に会社によって中古バイクの買取りから販売まで現金化の流れは異なり、需要を上手く取り入れる事が出来るかどうかで違ってきます。

安価に海外に転売を行う会社もありますし、中間業者を経て販売となる場合もあります。

また逆に自社で整備販売を行い、外部業者を通さない会社もあり、そういった会社は買取り価格が上乗せされやすい傾向にあります。

メーカー専門で扱っているバイク店であっても下取りなどで会社に利益が乗らない場合は、買取りの方がメリットが大きい場合もあります。

ただ下取りであればそのまま新しいバイクに乗って帰宅できますが、買取りを行った後は交通手段がなくなりますので不便になるなど行動的なデメリットはあります。

中古バイクは日常の足としての需要が高く、しかも部品も日常的に取引をされていますので、不動車であっても買取りは可能です。

バイクの買取り、販売は多くの店で行っていますが、割り切っていくつかのお店で比較をして売却、購入を検討する方法がお勧めです。

ネットでもバイクは紹介されていますが、最終的にはタイミングが全てですので欲しいバイクがある場合は常にアンテナを張っていきたいですね。

中古バイクを売る場合一括査定などで複数のバイク店に見積もりを依頼し、高額査定をだしてくれた会社にバイク買取を依頼する場合が多いですが、その中古バイクの行き先は様々です。

中古バイクは買取られた後、人気バイクや状態が良いバイクの場合は整備された後販売されますが、その販売先も買い取った会社により異なります。

中古バイクの買取を行っている会社は中間業者としてバイクの買取を行い、他の店にバイクを再度売る会社と自社で整備販売網を持ち、全て自社で賄う会社などがあります。

自社で販売まで行う場合、中間業者の利益分を確保する必要がありませんのでバイク買取を高値にしやすい為選ばれやすい傾向にあります。

中古バイクで状態が悪いバイクや不人気なバイクである場合は、海外へ転売をされるケースも多いです。

日本国内で人気のないバイクであった場合も海外では日本メーカーのバイク長く使える為に人気も高く需要があります。

また部品取り用に活用される場合も有りますので、中古バイクは大抵の場合買取りが可能となっています。

不動車であっても不動車や事故車などを専門に扱っている店もありますので、問題があるバイクである場合は専門に扱っている店を選ぶべきでしょう。

そういった店は販売ルートも確立していますので、利益を上げる事が出来るようになっていますが、他の店の場合はルートがなく買取り値がつかない場合もありますので、中古バイクを売る際はそういった点にも注意したいですね。

中古バイクのカスタム済みの愛車は、時間とコストをかけた大切な一台です。

中古バイクの買取り店では査定額が思ったほど上がらないと、悲しい気持ちになるものです。

カスタムバイクを高額で買取りしてもらうためには、カスタムした部品以外に、取り外した正規のパーツをつけて査定に出すのが高額査定につながるヒントです。

取り外したパーツは、大切に保管して、売却をする際には同時に査定員に見てもらえるように準備しておきましょう。

カスタムバイクなどの特長のある中古バイクで、一般の買取り店での評価が納得いかないという場合、オークションサイトなどを利用した個人売買で売却を試みるということもできます。

ヤフーオークションの中古バイクの売買では、多くのレアバイクの取引がされています。

カスタムの好きな人が自分好みの中古バイクを探していることもあります。

売り手と買い手のマッチングが行われると、買取り店での査定よりも高額に売却ができるケースもあるでしょう。

個人売買では名義変更から納車まで、自分で全ての手続きを取る必要があります。

間に入って買取り店などが手続きを進めてくれないので、手間暇がかかります。

その点を厭わないのならば、個人売買で中古バイクを売却するのはそれほど難しいことではありません。

むしろ手塩にかけてカスタムしてきた愛車を、理解してくれる人に買取ってもらえるのはうれしいことでもあります。

バイク好きの仲間ができることもあります。

中古バイク専門店はさまざまなコンディションのバイクの買取りをしています。

買取った業者が店舗を経営しているところは、買取った中古バイクを修理・整備して自社の店舗で販売します。

中には買取ったバイクをオークションに出すところもあります。

小売台数が買い取り台数の2割以内で、オークション出品のある業者を買取り専門業者と言っています。

買取りからオークションまで間に入る業者がいない分、利用者にとってはメリットのある流通業態であるとされています。

乗り換えや買い換えを考えている人の場合は、下取り保証などがあるお店を選ぶといいでしょう。

積極的に中古バイクの買取りをしているお店で相談をするのもいいでしょう。

愛車のコンディションによっては、最低金額を保証しているお店は心強いものです。

自社工場など自力で整備する技術が高いお店ほど、買取りには自信があるものです。

事故車や不動車を買取ることもあります。

パーツとして、あるいは自社で修理が可能なら修理をして販売をするためです。

手元にあるバイクに保険を加入している場合、乗り換え後は新しい中古バイクに保険を継続することができます。

お店に保険証書を忘れずに持参して手続きを取りましょう。

買い換えの場合は保険を継続すれば、新たに加入料金などが発生することもありません。

しかし保険の内容の詳細に変更を希望する場合には、この限りではありません。

乗り換えで心配なのは現在の中古バイクのローンの支払いが残っていて、下取りの価格で残債を完済することができない場合でしょう。

返済できる額までは返して、残りを新たにローンで返済する手続きを取ることもできます。