中古バイクを売る場合一括査定などで複数のバイク店に見積もりを依頼し、高額査定をだしてくれた会社にバイク買取を依頼する場合が多いですが、その中古バイクの行き先は様々です。

中古バイクは買取られた後、人気バイクや状態が良いバイクの場合は整備された後販売されますが、その販売先も買い取った会社により異なります。

中古バイクの買取を行っている会社は中間業者としてバイクの買取を行い、他の店にバイクを再度売る会社と自社で整備販売網を持ち、全て自社で賄う会社などがあります。

自社で販売まで行う場合、中間業者の利益分を確保する必要がありませんのでバイク買取を高値にしやすい為選ばれやすい傾向にあります。

中古バイクで状態が悪いバイクや不人気なバイクである場合は、海外へ転売をされるケースも多いです。

日本国内で人気のないバイクであった場合も海外では日本メーカーのバイク長く使える為に人気も高く需要があります。

また部品取り用に活用される場合も有りますので、中古バイクは大抵の場合買取りが可能となっています。

不動車であっても不動車や事故車などを専門に扱っている店もありますので、問題があるバイクである場合は専門に扱っている店を選ぶべきでしょう。

そういった店は販売ルートも確立していますので、利益を上げる事が出来るようになっていますが、他の店の場合はルートがなく買取り値がつかない場合もありますので、中古バイクを売る際はそういった点にも注意したいですね。