中古バイク専門店はさまざまなコンディションのバイクの買取りをしています。

買取った業者が店舗を経営しているところは、買取った中古バイクを修理・整備して自社の店舗で販売します。

中には買取ったバイクをオークションに出すところもあります。

小売台数が買い取り台数の2割以内で、オークション出品のある業者を買取り専門業者と言っています。

買取りからオークションまで間に入る業者がいない分、利用者にとってはメリットのある流通業態であるとされています。

乗り換えや買い換えを考えている人の場合は、下取り保証などがあるお店を選ぶといいでしょう。

積極的に中古バイクの買取りをしているお店で相談をするのもいいでしょう。

愛車のコンディションによっては、最低金額を保証しているお店は心強いものです。

自社工場など自力で整備する技術が高いお店ほど、買取りには自信があるものです。

事故車や不動車を買取ることもあります。

パーツとして、あるいは自社で修理が可能なら修理をして販売をするためです。

手元にあるバイクに保険を加入している場合、乗り換え後は新しい中古バイクに保険を継続することができます。

お店に保険証書を忘れずに持参して手続きを取りましょう。

買い換えの場合は保険を継続すれば、新たに加入料金などが発生することもありません。

しかし保険の内容の詳細に変更を希望する場合には、この限りではありません。

乗り換えで心配なのは現在の中古バイクのローンの支払いが残っていて、下取りの価格で残債を完済することができない場合でしょう。

返済できる額までは返して、残りを新たにローンで返済する手続きを取ることもできます。